競馬情報サイト|高回収率のカギは馬券種と資金分配にあった!

馬券種と資金分配

馬券種を選ぶ

競馬で儲けるには、馬券種選びと資金配分が重要です。
たとえば単勝全通り買えば的中率100%になりますが、オッズが出走頭数以下になった場合はマイナス収支になってしまいます。
まず基本として、全ての馬券購入費用に対して、どの馬券が当たっても100%以上の回収率になる買い方をしましょう。
競馬情報サイトを使う場合は、情報料も含めてプラス収支にすることが求められます。

高配当を狙う場合は3連単や3連複、馬単がオススメですが、総組合わせ数が多く難易度が高いため、ある程度の購入点数を確保する必要があります。

馬券種一覧

3連単 1着、2着、3着を着順通りに的中させる。もっとも配当が高く的中が難しい券種
3連複 3頭選んで全てが3着以内に入れば的中(順不同)
馬単 1着、2着を着順通りに的中させる
馬連 選んだ2頭がともに連対すれば的中
ワイド 選んだ2頭がともに3着以内に入れば的中。3通りの的中馬券が発生する
枠連 唯一馬番ではなく枠番で投票する馬券。2つの枠番を選んでともに2着以内に入れば的中。1つの馬券で複数の的中パターンがあり同じ枠番を2つ選ぶ選択肢もあります。
単勝 選んだ1頭が1着になれば的中
複勝 選んだ1頭が3着以内に入れば的中

的中確率が同じ買い方をしても、券種によって配当金は変わる

一例として以下の2つの馬券の買い方をご覧ください。

馬連 1-2 1点1,000円
馬単 1→2、2→1 2点各500円

どちらも1番と2番がともに2着以内(連対)に入れば的中になりますが、それぞれ配当金が異なります。
例の場合は、1番と2番で人気が薄い馬が1着だと馬単が高配当、人気が高い馬が1着に入れば馬連の方がパフォーマンスが高くなります。
馬単だと資金配分を均等ではなく、300円と700円といった買い方をすることも可能です。

また、競馬のオッズは券種ごとの馬券購入状況で変わります。
全く同じ期待値であっても、券種を変えればオッズが高くなる場合があります。
たとえば、フルゲートで1番と2番の馬が同じ1枠だった場合、馬連1-2と枠連1-1は全く同じ内容ですが、それぞれオッズが違うケースもよくあります。

競馬情報会社から配信された買い目情報から、オッズに応じて券種を変更したほうが効率よくなることもあるので、最新オッズや代替券種がないかなど広い視野を持っておきましょう。

競馬情報サイトの予想は均等買いが主流

競馬の資金配分

3連単30点〜60点、馬連5点〜10点で各200円〜1,000円など均等買いを推奨している競馬情報サイトが多いです。
直前オッズを待たずに情報配信する特性上、均等買いがもっともシンプルで的中負けするリスクが少ないです。

初心者の方は資金配分をイジろうとする方が多いですが、初心者のうちは推奨金額通りの買い方をしましょう。

セオリーとしては、3連単など購入点数が大きく配当金も高い券種は均等買い、馬連、ワイド、単勝など少点数の券種は資金配分を調整した方が効率的になります。

初心者はレースごとの資金配分で失敗する

資金配分で失敗した競馬初心者

競馬は計画的に馬券を買っていくことが必要です。
たとえば1日5レースを2千円ずつ合計1万円の予算で遊ぼうとしていても、前半に買った馬券が不的中で含み損を抱えると、損失分を一気に取り返して後半のレースで購入金額を増やそうとしてしまうものです。

競馬に絶対はなく、毎レース的中させたり1日ベースで見て勝率100%を確保するのはプロの予想屋であっても困難です。
競馬で勝つコツは長期的なプラス収支を目指して、データや緻密な計算、プログラムによって期待値を追いかけるものです。
資金配分は均等にすればいいという訳ではないですが、感情に流されず計画性を持つことが大切です。