競馬情報サイトは高い=優良じゃない!パフォーマンスで見る有料情報

本当に利益が出る有料情報の共通点

厩舎にいる競争馬

競馬情報サイトは、予想買い目情報を算出するにあたって、取材費用 接待費分析・精査作業コンピューターのシステム開発など莫大なコストをかけています。
本当に利益獲得を目指している競馬情報会社は独自に馬券を買った利益だけでは確保できないコストをかけた予想を提供するために会員から情報料を集めて運営費を工面しています。

しかし、悪質サイトの場合は高額な情報料を徴収しているにも関わらず、素人がお金をかけずに出した買い目を配信しています。
つまり、有料情報は高額であれば信頼できるわけではなく、競馬情報サイトごとで精度は天と地ほどの差があります。
優良競馬情報サイトの共通点を集めました。

共通点①安いコースでもそれなりのパフォーマンスを期待できる

有料情報は複数のプランが用意されているのが一般的です。
競馬情報サイトは複数面の馬券師を利用するなど、多方面から情報を集めて予想をしているので複数のプランがあるのは悪いことではありません。
しかし、会員からお金を取っている以上、たとえ安いプランであっても情報料と馬券購入費用を含めて100%以上の回収率を期待できる予想である必要があります。

複数の有料情報がある場合は、安いコースを含めて全てのプランで安定した的中実績を確保している必要性があります。
高額な上位コースだけ高額配当を的中させて安いプランは極端にパフォーマンスが悪い場合は的中実績を偽造している可能性が高いです。

共通点②無料情報も充実していて質が高い

有料情報を配信するには、多くの情報を精査して厳選する作業が求められます。
手間暇とコストをかけて予想や分析を行っている競馬情報サイトは、精査で漏れた良質な情報や、独自ルートによる情報源がある旨をアピールするために一部を無料情報として配信しています。

無料情報が豊富なところは、入ってくる情報量が多く厳しい精査をしている証拠です。
プロ集団が行う予想・分析なので無料買い目情報でもそれなりのパフォーマンスを期待できるものです。
無料情報だけでも利用する価値があるサイトは有料情報の質も高いものです。

共通点③高額配当を軒並み的中させていない

悪質競馬情報サイトで大負けしてしまい頭が痛い男性

中央競馬は1つの会場で1日12R、土日で24R開催されます。また、複数の開催会場があり2会場の場合は週末で合計48のレースが行われています。
中央競馬で開催される1週間の全レースの中で50万馬券を超える高額配当が出るのは、平均的に3~4R程度です。

どれだけ精度の高い有料情報でも高額配当になるレースだけを軒並み的中させるのは不可能に近いです。
その週の高額馬券を全て的中させた実績を紹介しているところは、後出しの的中報告をしている可能性が高いです。

その他のポイントはこちらから

無料情報 有料情報 提供レース 提供馬券種
所在地 運営期間 情報元